フォルスクラブと吉田智雄氏

<<吉田智雄は教育を真剣に考える人>>

●イー・ラーニング研究所の代表取締役
株式会社イー・ラーニング研究所という会社があります。ここの代表を務めているのが吉田智雄氏です。経営者として抜群の手腕を誇っているのはこの会社の躍進ぶりを目にすればわかるでしょう。
株式会社イー・ラーニング研究所は2002年に設立されました。本社は大阪ですが、東京にも支社を持っています。事業の柱となるのは会社名にもなっているe-ラーニング。
パソコンやスマートフォンなどを使い、ネットを活用して自宅で好きな時に好きなだけ学習できるシステムを開発。それが子供や親に非常に好評で、利用者がどんどん拡大しています。
こういった、主に子供たちのために活動しているのがイー・ラーニング研究所であり、吉田智雄氏という人物なのです。

●この人物が掲げている重要な理念
吉田智雄氏は大きな、そしてとても高い理想の元にイー・ラーニング研究所を設立しました。今の日本の教育制度に疑問を持っているのです。
バブル崩壊後、日本には経済格差が生まれました。それによって勉強したくても満足にできない、あるいは子供を塾に通わせたくても親にその経済力がないとい う状況が当たり前となってしまったのですが、その状況を打開したいとネットを使った学習法で、誰でも安い料金で、しかも効率的に勉強できるようにと考えら れたのがこの会社が行っている「フォルスクラブ」というサービスなのです。
e-ラーニングを提供するフォルスクラブは吉田智雄氏の理念そのもの。子供達を大きく成長させてくれるものだと確信しています。

●吉田智雄氏の生い立ちを見てみよう
こんな素晴らしい理念と理想を持った吉田智雄氏とはどんな人物なのでしょうか。大阪府の堺市生まれのようですね。誕生は昭和38年。大阪商業大学を卒業しているそうです。大学時代にアルバイトを通じで知り合った仲間と一緒に色々な事業を行ってきた経歴を持っています。
しかし大学の卒業後は一般企業に入社。その後も自分の信念に抗うことができず、自ら会社を立ち上げるなどの活動を行ってきました。
そして行き着いたのがe-ラーニング、そしてフォルスクラブ。最終的には最も人の役に立つ事業を選んだというわけです。

●教育関連書籍も数冊出版しています
吉田智雄氏は強い信念を持っているからこそ大成功。今では経営者としても注目される存在となっています。
そんな吉田智雄氏の考えていることが知りたければ、彼の著書をチェックするのが早いかもしれません。2013年の段階で2冊の本を出版。「eビジネス最後の盲点」と「eラーニングが変える学びのカタチ」の2冊。
どちらもe-ラーニングのことが書かれており、この学習法がどれだけ素晴らしいものかが独自の視点でまとめられています。これらを読めばe-ラーニングのことはもちろん、吉田智雄氏のことや、これからの教育に何が必要かも見えてくるはずです。”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*